So-net無料ブログ作成

「騎馬兵」の上手い使い方

城ドラには「騎馬兵」というキャラがいるんですが、私はこのキャラが大好きです。
通称「キバ」です。

城ドラのキャラは、どのキャラも個性があって、かつほとんどのキャラは、
育てれば上のレベルに行ってもちゃんと戦えます。

ゲームによっては、トップランカー達は勝つためにはある程度の使用キャラが
決まってしまうようなゲームもありますが、城ドラは自分の好きなキャラを育てても
十分に勝負になるのが、おもしろいところですね[わーい(嬉しい顔)]

さて、キバの特徴はなんていってもスキルの「トツゲキ」ですね。

このトツゲキは、相手キャラ(※大型以外)に攻撃できる時、
発動すると相手キャラをすり抜けてレベルに応じた距離進みます。
(途中で砦、大型、城)にぶつかると途中で止まります)

このトツゲキをいかしてキバを召喚するのが上手い使い方だと思っています。
いくつか、キバの狙いを紹介してみます。

①「開幕で砦を狙う」
キバの特徴に「砦を占拠」というものもあります。そして、相手の大砲を受けても
吹き飛ばないので、開幕と同時に中盤の砦を狙うのは一つの戦略です。
相手側に、大砲で吹き飛ばず、砦を占拠できるキャラがいなければ、
絶妙なタイミングで大砲を打つことで、確実に砦を占拠できます。

②「砦と砦、もしくは砦と城の両方を狙う」
これは、キバの召喚位置を工夫することで、
キバの価値を高めます。

なにかというと、キバを召喚して砦を狙う時に、
あえて砦に正面からぶつけるのではなく、
砦の上端か下端のぎりぎりのところにぶつかるように
キバを召喚します。

すると、砦を攻撃中に相手が砦を守ろうとキバの前に
キャラを召喚した場合、トツゲキのスキルが発動すれば、
相手キャラをすり抜けると同時に砦の横をすり抜けていきます。
この時に、すり抜けた先に次の砦があれば次の砦をまた攻撃できます。
次の砦にぶつからなくても、相手の城を目指します。

砦に対して正面にキバをぶつける感じで召喚すると、
トツゲキが発動してもその砦にぶつかりつづけてその場にとどまるので、
相手はそのキバを攻撃しやすくなります。
(※展開によっては、その砦を攻撃し続けた方が良い時もあります・・・)

注意点は、あまり砦の端を狙いすぎると、
狙った砦を攻撃せずに横を通り過ぎていってしまいます[たらーっ(汗)]

③「ワンパンチ狙い」
もはやキバの代名詞「ワンパン」を狙う戦略。
城ドラは、3分間で両方とも城が落ちなかった時は、残り体力で勝敗を決しますが、
お互い体力も無傷の場合は、引き分けになってしまいますが、
そんな引き分けになりそうで、一撃でも相手の城に攻撃が当たれば勝利という時こそ
キバのワンパン戦略です。

キバが城を攻撃する直前で大型以外のキャラを召喚して食い止めた時、
トツゲキが発動すると、そのキャラを横に押しのけて城を攻撃しようとします。
もちろん、トツゲキが発動後、キバが城を攻撃する前にキャラを再度召喚すれば
キバが城を攻撃するのを防げるのですが、これが対人戦だと難しい時があります。

たいていの場合、城前以外にも戦いが展開されているので、
キバを城前で食い止めたと思って、別の戦いに目をやっている内に
トツゲキが発動して城を攻撃[exclamation]なんて事がよく起きます。

残り時間わずかな時に、最終砦を無視して、直接城に届くように
キバを数体放って、ワンパンに期待する、なんて使い方もたまにします。

こんな感じで私なりのキバの効率的な使い方を紹介させていただきました。

キバ一体とっても、考えると奥が深いです。

他のキャラも同様に、考えれば効率の良い使い方があるんです、たぶん、きっと・・・


タグ:キバ 騎馬兵
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます